前回の記事で 「登り坂を歩くのが効果的」なのか?

①股関節から足先まで使って歩くので、第2の心臓である 「ふくらはぎ」 をカラダ全体に血流を行き届き血液循環も良くなる。

②平坦な道よりも 登り坂の方が 指先を使って 蹴って歩く 指先は、足の反射区で言うと 「頭・脳関係」が集中する場所 そして 足の末端から脳まで直接 神経が伝達してるんです。

なので カラダも温かくなるのが早いし 脳が活性化する仕組みなんですよ!

う~ん、いいことずくし^^ 登り坂があるところは ぜひ登って試して下さい♪